読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日も猪突猛進!

常にまっすぐ。猪突猛進。それでいいのか?反省することも多いけれど、今日も前(だけ)向いて奮闘してます!

不妊治療

妊活8「タイミング療法」

ここまで「タイミング」という言葉を何度か使っているが、それについて説明をしよう。 排卵期が近づく頃、通院をしてエコー検査を受ける。そのときに卵子の育ち具合を確認し、「◯日に排卵しそうだから、◯日にタイミングを取ろう」とアドバイスをもらうのだ。…

妊活7「ホルモン検査」

タイミングを指示通りとっていてもダメ。 排卵誘発剤で調整してもダメ。 卵管を通してもダメ。 なんなんだ。何がいけないんだ。 この頃、だんだん基礎体温表が理想形から外れていった。ストレスはすぐ身体に出るということだろうか。同じ時期に、ホルモン検…

妊活6「卵管通ったはずなのに?」

卵管の詰まりが解消された後の期間を「ゴールデン期間」という人もいる。卵管造影検査によって、詰まりが取れるのに加え、卵管の中の絨毛の働きが良くなるとされているのだ。そうすると、卵子が子宮に運ばれやすくなり、妊娠の確率があがる! これは期待大で…

妊活5「検査結果 その2と治療方針」

○卵管造影(卵管が詰まっていないかの検査) まず始めに卵管に造影剤を流すのだが、このとき刺すような痛みを感じた…!顔を歪めていると、「痛い?卵管が詰まってたんだろうね。造影剤で剥がせるかもしれないからちょっと我慢ね」と先生。なるほど、造影剤で…

妊活4「検査結果 その1」

さて、続々と検査結果が出る。 ちなみに、検査結果が出るまでは「タイミング療法」がおこなわれる。卵子の様子を見て、「何日にタイミングをとりましょう」というアドバイスをもらうのだ。最初はこの「タイミング」の意味がわからなかったが、要は、子作りの…

妊活3「治療開始…の前に」

3ヶ月分の基礎体温表と、事前に記入しておいた問診票(Web上で提出しておく)を使い、今後の治療方針の相談をする。 問診票は過去の病歴や普段の生活習慣、喫煙飲酒の有無、仕事についてなど、事細かに記入の必要がある。夫婦共に自身の母子手帳を持ってい…

妊活2「いざ、病院へ」

さて。そんなわけで検査するぞ!必要なら不妊治療を開始するぞ!と意気込み病院へ赴く。 まずめっちゃ豪華な施設に慄く。綺麗な花や絵画が飾られており、お手洗いには少しお高めのハンドソープ。いい香り。「なるほど、リラックスさせようとしてくれているの…

妊活1「情報収集」

まず私はネットを読み漁った。伊坂幸太郎の小説『モダンタイムス』で「人は知らないものにぶつかった時、まず何をするか。検索するんだよ」という一節があったけど、まさにその通り。とにかく妊娠に関すること、不妊に関することを調べまくった。 検索は怖い…

エピソード0「妊娠するまで(初期)」

球児さん(旦那)と結婚したのは2013年。 私が28歳の時。 お互いの仕事の都合で式を挙げたのは翌年の2014年。私29歳。ギリギリ30になる前に式を挙げられて一安心(笑) 結婚当初は式まで一年ある〜とか、新婚生活を満喫したい〜とか、これまた仕事の都合で半年…